<   2018年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

京都の石仏

お知らせ

ただいま“京都の石仏”というテーマで、ブログをアップしたいと

思っております。

大型カメラで撮影したフィルムをデータ化しておりますが

ずいぶん以前に撮影したもので、劣化等があり思うように作業が

進んでおりません。

しかしながら便利な機器の力を借り、やっと半分まで仕上がってまいりました。

頻繁に更新はできませんが、月一回のペースで更新していきたいと

思っておりますのでよろしくお願いいたします

More
by nihon-burari | 2018-03-23 21:50 | Comments(6)

京の石仏

e0180612_21393982.jpg
                       2
e0180612_21394747.jpg
                     3
e0180612_21395409.jpg

by nihon-burari | 2018-03-23 21:45 | Comments(0)

大型カメラ

大型カメラ

今回アップさせていただいた写真は、以前に大判(大型)カメラで

撮影したものです。

フィルム全盛時代には、大きく分けて3種類のカメラ

(フィルムフォーマット)がありました。

135㎜フィルム(ごく一般的なサイズ)

2120フィルム(ブローニー)

3・カットフィルム(シートフィルム)

今回の写真は、NO.3のカットフィルムを使うカメラで撮影したのです。

ここでカットフィルムと大判カメラについて簡単にご説明させていただきます。

大判カメラとは4×5インチ102×127mm)以上のカットフィルムを使用するカメラです。

ちなみに私の使用機材は トヨフィールド 45AⅡです。

e0180612_14124664.jpg
←このカメラです

e0180612_20480840.jpg

重量は約3キロほど

4×5in判フィルムを使用

カットフィルムとは上記のカメラに使うフィルムで4×5in判~16×20in判まであります。

利点としては「1枚撮影するごとにすぐに現像できる」「平面性に優れる」等がある。また他のフィルムと比べ撮像面積が大きいので画質に優れています(大きく引き伸ばしに有利)

以上大型カメラ豆知識でした。


by nihon-burari | 2018-03-23 20:58 | Comments(2)

お知らせ!

大判カメラで撮影したフィルムをコンピューターに取り込むには、

撮影したフィルムを専用のスキャナーでデータ化するわけですが、フィルムの大きさだけでなくフィルム内の情報も多いためデータ化に時間がかかります。

スキャナーです

e0180612_13260860.jpg
上記のような理由により更新が遅くなりますがご了承ください
by nihon-burari | 2018-03-03 16:05 | Comments(0)