(3)京都石仏

ご無沙汰しております。

依然として作業が進んでおりませんが

以前にアップした記事を見つけましたのでよろしければ

ご覧下さい。

画像データを作成するには、まず、20年かけて大型カメラ(4×5版)を使用して撮りためたポジフィルムをスキャナーで読み込みます。それからパソコンにて写真の撮影場所を特定しますが、何分遠い過去の記憶とメモが頼りですので往々にして不明のものも多くあります。そのとき頼りになるのが書籍ですが書籍も少なく見つけるのに難航します。そんなこんなで1枚の写真で結局1時間近くかかってしまうことも度々あります。ですから写真をアップするのに時間がかかっているのが現状です。悪いことにパソコンに保存していた写真データが最近、消えてしまいました。しかたないのでまた、1から少しずつ作業している今日この頃です。

元通りになるまでもう少し時間が掛かりますが、フォロアーの皆様、大変、申し訳ございませんが今しばらくお待ちください。よろしくお願いいたします。



More
# by nihon-burari | 2018-12-08 01:20 | Comments(8)

(2)京都石仏

ご無沙汰しております。

依然として作業が進んでおりませんが

以前にアップした記事を見つけましたのでよろしければ

ご覧下さい。

画像データを作成するには、まず、20年かけて大型カメラ(4×5版)を使用して撮りためたポジフィルムをスキャナーで読み込みます。それからパソコンにて写真の撮影場所を特定しますが、何分遠い過去の記憶とメモが頼りですので往々にして不明のものも多くあります。そのとき頼りになるのが書籍ですが書籍も少なく見つけるのに難航します。そんなこんなで1枚の写真で結局1時間近くかかってしまうことも度々あります。ですから写真をアップするのに時間がかかっているのが現状です。悪いことにパソコンに保存していた写真データが最近、消えてしまいました。しかたないのでまた、1から少しずつ作業している今日この頃です。

元通りになるまでもう少し時間が掛かりますが、フォロアーの皆様、大変、申し訳ございませんが今しばらくお待ちください。よろしくお願いいたします。



More
# by nihon-burari | 2018-12-07 19:21 | Comments(1)

大型カメラについて

大型カメラについて

今回アップさせていただいた写真は、以前に大判(大型)カメラで

撮影したものです。

フィルム全盛時代には、大きく分けて3種類のカメラ

(フィルムフォーマット)がありました。

135㎜フィルム(ごく一般的なサイズ)

2120フィルム(ブローニー)

3・カットフィルム(シートフィルム)

今回の写真は、NO.3のカットフィルムを使うカメラで撮影したのです。

ここでカットフィルムと大判カメラについて簡単にご説明させていただきます。

大判カメラとは4×5インチ102×127mm)以上のカットフィルムを使用するカメラです。

ちなみに私の使用機材は トヨフィールド 45AⅡです。

        

e0180612_19584945.jpg

重量は約3キロほど

4×5in判フィルムを使用

カットフィルムとは上記のカメラに使うフィルムで4×5in判~16×20in判まであります。

利点としては「1枚撮影するごとにすぐに現像できる」「平面性に優れる」等がある。また他のフィルムと比べ撮像面積が大きいので画質に優れています(大きく引き伸ばしに有利)

以上大型カメラ豆知識でした。


# by nihon-burari | 2018-11-29 20:20 | Comments(0)

(1)京都の石仏 大型カメラ4X5判

画像データを作成するには、まず、20年かけて大型カメラ(4×5版)を使用して撮りためたポジフィルムをスキャナーで読み込みます。それからパソコンにて写真の撮影場所を特定しますが、何分遠い過去の記憶とメモが頼りですので往々にして不明のものも多くあります。そのとき頼りになるのが書籍ですが書籍も少なく見つけるのに難航します。そんなこんなで1枚の写真で結局1時間近くかかってしまうことも度々あります。ですから写真をアップするのに時間がかかっているのが現状です。悪いことにパソコンに保存していた写真データが最近、消えてしまいました。しかたないのでまた、1から少しずつ作業している今日この頃です。

元通りになるまでもう少し時間が掛かりますが、フォロアーの皆様、大変、申し訳ございませんが今しばらくお待ちください。よろしくお願いいたします。

(石峰寺 5画像・黒谷 1画像・高山寺 3画像 広沢観音寺 1画像)






More
# by nihon-burari | 2018-11-29 20:04 | Comments(0)

正月 年賀状

e0180612_22194914.jpg

# by nihon-burari | 2018-11-27 18:06 | Comments(4)

黒谷 モノクロ

日本ブラリをご覧いただきありがとうございます。

前回よりフィルム時代に撮りためた写真をアップさせていただいております。

そこで白黒写真についての思い出話を少し・・・

白黒写真は“色”が存在せず“濃淡”のみで世界を表現するため、眼前の光景を白黒に変換した状態で撮影します。

撮影時にはすでに撮影後の“画”が白黒状態で完成しているものです。

それが白黒写真の醍醐味であり難しさでもあると思います。

また、撮影だけでなく撮影後、自宅に戻り現像、焼付といった暗室作業も私自身が行っておりました。

焼付作業に至っては、早朝から始め気が付けば12時間が経過していたということもしばしば・・・

気を付けて作業していたのですが、どうしてもホコリ、傷などがあるかと思いますがご容赦ください。



※白黒撮影での豆知識

イメージに近づけるためにはカラーで撮影するよりも特に

フィルターワークが重要になってきます。

黄色から緑色、オレンジ、赤など色つきフィルターを使用

赤い色の近づくほど濃淡がはっきりしてきます。



1
e0180612_14402577.jpg

2



e0180612_14411072.jpg



3

e0180612_14413422.jpg

4


e0180612_14414856.jpg


# by nihon-burari | 2017-12-15 14:16 | Comments(9)

祇園祭 モノクロ

皆様、お久しぶりでございます。
一時休止しておりました“日本ブラリ”を再開させていただきます。
名前も新たに“(2)日本ブラリ”とさせていただきます。
再開、第一弾として、モノクロで撮影した“祇園祭”を
アップさせていただきます。
鉾や山の勇壮なたたずまいだけでなく、今は変わってしまった街並みも懐かしく思っていただけると幸いです。
今後もいろいろとフィルム時代の画像をアップさせていただきますので、次回の更新まで気長にお待ちくださいませ。


1
e0180612_14503777.jpg
2
e0180612_14503415.jpg
3
e0180612_14502955.jpg
4
e0180612_14495047.jpg

# by nihon-burari | 2017-11-10 14:53 | Comments(9)

ブログトップ | 投稿 | 設定 ブログの更新・コメント返しに関して! 画面左の【お願い】をご一読ください。

e0180612_15230694.jpg

平成29年6月29日、日帰りで兵庫県神河町にある“扁妙の滝”とアジサイで有名な西林寺へ撮影に行ってまいりました。

“扁妙の滝”を撮影したかったのですが現地に行くには山道を登らなければいけなく断念しました。

滝が見れないかわりに西林寺のアジサイはたくさん撮影しましたので画像をアップさせていただきます。

アジサイの美しさに見とれ、撮影に没頭しているうちにあっという間にタイムアップ!

すべてのアジサイを観切れなかった事が残念です。

皆さんも機会があれば是非一度ご覧になってください。



More
# by nihon-burari | 2017-07-25 20:11 | Comments(2)

ブログトップ | 投稿 | 設定 ブログの更新・コメント返しに関して! 画面左の【お願い】をご一読ください。

e0180612_20281829.jpg

丹波路を彩る花を撮る

今回は丹波路の花の名所へ撮影に行ってきました。

観音寺のアジサイは見事に咲き誇っておりましたが、いかんせんお天気に恵まれすぎて

アジサイの艶やかな感じが表現でききれているか心配です。

アジサイとは反対に永沢寺の花しょうぶと篠山のユリは日差しのおかげでより美しく表現できたように思います。

また永沢寺では園児たちの賑やかさに圧倒されっぱなしでしたがある意味貴重な体験かもしれませんね。

さて、いつも日本ブラリをご覧いただきありがとうございます。

勝手ながらしばらくの間ブログの更新をお休みさせていただきたく思います。

再開させていただく日まで皆さまお元気でお過ごしください。



More
# by nihon-burari | 2017-07-22 15:22 | Comments(4)

ブログトップ | 投稿 | 設定 ブログの更新・コメント返しに関して! 画面左の【お願い】をご一読ください。

e0180612_14552013.jpg

平成29524日~525日にかけて越後・松代へ撮影旅行へ出かけました。

日本の原風景を撮影したく意気込んで行きましたが、あいにく2日間とも雨に降られ

思うような撮影が出来ず一時は落ち込んでいましたが、カメラを片手に散策していると

憂鬱な気持ちも吹き飛んでしまいました。

やはり幻想的な雰囲気は心身ともに元気にしてくれるようです。

難しい雨天の撮影でしたが何枚かアップしましたのでご覧下さい。



More
# by nihon-burari | 2017-07-22 15:13 | Comments(1)

ブログトップ | 投稿 | 設定 ブログの更新・コメント返しに関して! 画面左の【お願い】をご一読ください。

e0180612_21165061.jpg


平成29年5月21日(日)~5月22日(月)
上高地と乗鞍岳、畳平
この日は天気が良く撮影日和でしたが、5月でも雪が残っているので有名なこの場所も、例年よりは残ってなかったので、雪のトンネルもほとんど見られず残念でした。また、この場所に到着する時間がかかってしまい、目的の場所にいけなかったのが心残りでした。
5枚目の猿は、外国人にも人気でした。
8枚目の写真が今回のお気に入りで、背景の雪が積もった山が綺麗に撮ることができました。
今回は5月9日分と5月21日~22日分の2か所を載せています。

More
# by nihon-burari | 2017-06-02 21:15 | Comments(6)

ブログトップ | 投稿 | 設定 ブログの更新・コメント返しに関して! 画面左の【お願い】をご一読ください。

e0180612_16472686.jpg

平成29年5月9日(日)
大町藤公園、神子畑選鉱所跡、水車と播但線
この日は日帰りでしたが、天気はあいにくの雨で、満足のいく撮影とはならず、神子畑選鉱所跡の写真は、満足できる写真が1枚もありませんでした。
大町藤公園はとても広い場所で撮影ポイントが沢山ありますが、この時間帯は雨が降っていなかったので、人も大勢いました。今回はお気に入りの写真の一部を載せています。
水車の写真は撮影した時間帯はもう雨が降っていたので多くはありませんが、播但線の電車が通ったタイミングで撮影できたので満足しています。

More
# by nihon-burari | 2017-05-18 17:16 | Comments(1)

ブログトップ | 投稿 | 設定 ブログの更新・コメント返しに関して! 画面左の【お願い】をご一読ください。

4月26日~27日にかけて飛騨高山に撮影旅行へ行って来ました。
旅行当日はあいにく雨でしたが、お目当ての白川郷は撮影できたのですが
撮影中にカメラとレンズに雨がかかってしまいピントが合わなくなってしまいました。
これからいろいろと撮影しようかと思った矢先のアクシデント、何事も準備を怠ってはいけないと実感しました。
そんな中で撮影した画像をアップさせていただきます。



e0180612_20213814.jpg


More
# by nihon-burari | 2017-05-01 20:21 | Comments(6)

ブログトップ | 投稿 | 設定 ブログの更新・コメント返しに関して! 画面左の【お願い】をご一読ください。

e0180612_14212617.jpg



春の到来を告げる梅の花の撮影に鈴鹿へ行って来ました。
鈴鹿の森のしだれ梅も美しかったのですが、鈴鹿山脈をバックにした”いなべ梅林”はそれ以上に美しく撮影意欲がわいたのですがカメラを構えたところカメラが故障しており撮影不能になってしまいました
梅の花だけでなく”三連式アーチ眼鏡橋”を通る黄色の列車を撮れなかったことが痛恨の極みです。
来年は万全を期して再度チャレンジしてみたいと思います。

More
# by nihon-burari | 2017-03-31 20:13 | Comments(6)

ブログトップ | 投稿 | 設定 ブログの更新・コメント返しに関して! 画面左の【お願い】をご一読ください。

いつも日本ブラリをご覧いただきありがとうございます。
以前に、撮りためた写真(フィルム)をアップするのに、フィルムを1コマ1コマルーペで確認した後、デジタル化したものをアップするので時間がかかりますということをお知らせいたしましたが、私自身が体調を崩してしまいさらに更新に時間がかかってしまっています。
楽しみにしてくださっている皆様には申し訳ないですが、更新のペースが遅くなってしまいます。体調は徐々に回復していますが、体に差し支えないペースで更新しますので、更新の期間が空いてしまうかもしれませんが、引き続き日本ブラリをよろしくおねがいします。



平成29年1月30日(月)~31日(火)
和歌山県古座・田原海岸の海霧と日の出、潮岬からの夕日

この2日間はとても天気がよく、撮影環境がよかったのですが、残念ながら海霧は撮れませんでした。ですが日の出は撮ることができたのでよかったです。5~7枚目の写真は岩の上に鳥が止まっているのですが、強い波が押し寄せても全く動じず勇ましさを感じさせられました。8枚目と9枚目は朝日で、10枚目は夕日になっています。天気がよかったので全体的に遠くの風景まで撮ることができました。写真にはありませんが波が激しくぶつかる岩礁や、波同士が激しくぶつかるタイミングを撮影したりなど、迫力のある写真も撮ることができました。

平成29年2月15日(水)~17日(金)
東海道由比の薩埵峠からの富士、日本平や六体地蔵と富士、山中湖からの富士、早朝の紅富士、氷結と富士等

この3日間も天気に恵まれ、綺麗な写真を撮ることができました。3枚目は梅が丁度綺麗に咲いていたタイミングで撮れたので運が良かったです。4枚目と7枚目はミカンの実がなっていたので、富士山とあわせて撮りました。8枚目は富士山に太陽が沈む瞬間を撮影したものです。富士山に太陽が沈むのは、2月の中頃のほんの2、3日ぐらいしか見ることのできない現象で、とてもたくさんの人が撮影していました。沢山の人の中何とか撮ることができてよかったです。9枚目は6時半ごろに撮影した風景ですが、左側に富士山があるのですが、たまたま煙の上から朝日が昇るような感じの写真になりました。






e0180612_1717830.jpg


  







e0180612_20362932.jpg
   

More
# by nihon-burari | 2017-03-19 17:15 | Comments(4)